Archive for ◊ 9月, 2012 ◊

Author:
• 水曜日, 9月 19th, 2012

ここは、陶磁器の原料が取れる高領山(カオリン山)です。景徳鎮からかなり離れてました。

昔はここから、原料を掘り出していたみたいです。公園化されており、昔の雰囲気を味わえました。

ここを出て古窯公園へ行きました。

時代別に陶片を集めてあり、時代の変遷がよくわかりました。かなり古い物からありやはり中国陶磁器の奥の深さを感じて

来ました。

これは古い窯です。世界一大きな上り窯と云う事でギネス認定もうけてありました。

景徳鎮をあとにして、上海に戻り、上海博物館を見学しに行きました。

入館料は無料でしたが、かなり見ごたえがある博物館です。陶磁器に関しましては、時代とともに展示してあり

やはり歴史の古さを感じます。他にも仏像や書物、印鑑などもあり、是非上海に行った時には見ていただきたい。

5日間の日程で行きましたが、大変有意義な視察でした。

又、機会があれば見てないところも見てみたい。

季節も夏が過ぎだいぶ涼しくなってきました。これから秋の陶器祭りもありイベントごとが増えてきそうです。

Author:
• 金曜日, 9月 14th, 2012

中国景徳鎮に行って来ました。景徳鎮は漢代(今から1700年前)から陶磁器の製造が始まったと言われ、世界の磁器の発祥地だと言われています。有田は2016年で400周年でこの差は歴然としてます。空港から壺の形をしていました。

景徳鎮市は人口160万人、広さは福岡県と大分県をあわせたくらい?の広さだそうで、その中で陶磁器産業に関わられている人が

1万人いるそうです。有田は人口が2万人です。とにかくバス移動が長く本当に広いなと感じました。

又、20年ほど前にも来ましたが、格段に道路状況や街並みはきれいになってます。中国経済発展の速度には驚きます。

市内到着後、景徳鎮陶磁芸術研究院という施設に案内され、そこで現在の景徳鎮の焼物や偉い先生、又市の副主任などの方とお会いし、いろんな意見交換をしました。

写真に写ってられる方々は中国で著名な陶芸家です。すばらしい技術(手わざ)をもってらっしゃいました。

目の前で即興で絵付け実演。

出来上がりがこれです。

有田の絵付けのやりかたと違いはありますが、筆のタッチとか図柄の構成はみごとなものでした。